Ask the Specialist コーナー開設!

Palo Alto Networksのスペシャリストが皆様からのご相談をお待ちしております!

  • #1: TAC直伝!最短トラブル収束術
    ・グローバルカスタマーサービス紹介
    ・次世代ファイアウォール / Traps のトラブルシューティングサマリー
  • #2:使いこなすと意外と簡単運用自動化への道
    セキュリティ向上とコスト削減を同時に実現!
    面倒なブラック IP / Domain / URL の登録・削除の自動化を実現する AutoFocus / MineMeld の活用術をご説明します。
  • #3:Traps隠れた機能のここがスゴイ
    Trapsは第三者機関であるAV-TESTの評価(2017年7月)で実環境での攻撃を100%検知!
    従来のパターンファイルやAI(人工知能)だけでは防げない、ランサムウェアや標的型攻撃から保護する隠れた機能をご紹介します。
  • #4:CloudとオンプレミスとPalo Alto Networks
    次世代クラウドセキュリティソリューションをご紹介!
    パブリック/プライベート/ハイブリッドクラウドを活用する上での、クラウドセキュリティのポイントやアーキテクチャ/対策をご説明します。
  • #5:今更聞けない次世代ファイアウォールの真実
    次世代ファイアウォールって一体何なのか? これまでのファイアウォールと比べて何がすごいのか? 最近はいろんな会社で次世代ファイアウォールという言葉を見かけるけど、どれも同じなのか?

    次世代ファイアウォールの生みの親であるPalo Alto Networksが、その真髄をご紹介します。
  • #6:競合比較の歩き方
    セキュリティプラットフォームのコンセプトをベースに、次世代ファイアウォールの特長、WildFireの最新情報、PAN-OS 8.0の新機能、運用面での負荷軽減につながる機能、ユニークなセキュリティ機能をご紹介します。

協賛社展示概要

※法人格を除く社名50音順

アライドテレシス株式会社

数多くのユーザーニーズに応えアプリ連携を実現するSDN/OpenFlow技術を用いた「Secure Enterprise SDN(SES)」と、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールと脅威インテリジェンスクラウドWildFireとのネットワーク連携/連動をご紹介。異常・脅威通知等を受けマルウェア感染等の可能性がある被疑端末に対して、端末が接続するエッジネットワーク機器で動的に通信遮断、および検疫隔離を行い被害の拡散を防止するネットワーク連携ならではのソリューションを提供します。

アリスタネットワークスジャパン合同会社

アリスタネットワークスブースでは、パロアルトネットワークスとアリスタネットワークスが共同で開発した、「マクロ・セグメンテーション・サービス (MSS)」のデモンストレーションを行います。
このMSSは、アリスタが提供する高度なトラフィックの制御と、パロアルトネットワークスが提供する強力なファイヤウォールの機能を組み合わせて、仮想化されたデータセンター環境において、仮想マシン間、あるいは仮想マシンとベアメタルサーバやIPストレージなどとの通信を、よりセキュアにするためのソリューションです。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

過去の重大な情報漏えい事件では、セキュリティ機器が検知したアラートが見逃されていたケースが数多く見受けられます。昨今のワークスタイルの多様化を背景に激増するセキュリティ脅威に対応するにはセキュリティ機器の導入だけでなく、24h365dでのセキュリティログ監視・分析が必要となり、企業はこの対応に追われています。
本ブースでは、これらのニーズを代行するサイバーセキュリティ監視サービスをご紹介します。CTCはシステムインテグレーターならではの総合力で、お客様のセキュリティライフサイクルをご支援します。

NTTコミュニケーションズ株式会社

本ブースでは、NTTコミュニケーションズが提供する総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」で相関分析サービスを実際にご利用いただいているお客様の統計データを用いながら、標的型攻撃対策において要となる、未知のセキュリティ脅威への対策についてご紹介いたします。
セキュリティインシデントを起こさないための準備、不審な攻撃の検知/分析、封込/復旧、そして再発防止までの一連のサイクルにおいて、独自開発のSIEMエンジンと熟練のアナリストによって実現されるマネージドセキュリティサービスについて解説いたしますので、今後のセキュリティ対策の参考にしていただければと思います。

ソフトバンク株式会社

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールを利用した、キャリアサービスを展示いたします。
マネージドセキュリティサービスや、他のセキュリティサービを連携させることで、クラウド、モバイルをご利用または検討されているお客様のワークスタイル変革を加速する、ソフトバンク独自のソリューションをご提案させていただきます。
当日はPepperもブースに登場致します。Pepperと共に、ご来場のみなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

TUFIN

Tufin Orchestration Suite uses policy-based automation to boost security and increase agility for the world’s largest organizations and most complex networks.
Tufin enables enterprises to implement security changes in minutes instead of days while ensuring continuous compliance.

Tufin Orchestration Suiteは、国境を超えて複雑化するネットワークに対して、ポリシーベースで迅速にセキュリティ強化の自動化を実現する製品です。
Tufinは、継続的にコンプライアンスを維持するとともに、これまで数日必要だったセキュリティの設定変更などを数分で実現することができるのです。

日本ソナス・ネットワークス株式会社

本ブースでは、UCで使用されるリアルタイムコミュニケーションデータに対してアプリケーションレベルでのセキュリティを実現するSession Border Controller(SBC)を展示させて頂きます。
近年、北米を始め様々な地域でSIPを使用したハッキングなど新しいタイプのセキュリティ脅威が報告されています。
SonusのSBCはPalo Alto Networksの次世代ファイアウォールと連携しリアルタイムコミュニケーションに強固なセキュリティを提供します。

日本プルーフポイント株式会社

進化するサイバー脅威とリスクから、組織を守る、次世代サイバーセキュリティソリューション最新の脅威動向の特徴は、ランサムウェアの急増と大量のメール配信による攻撃です。
Proofpointの次世代サイバーセキュリティ対策は、メール経路からの脅威をブロックするEmail Protection, サンドボックスによる検出・ブロックを行うTargeted Attack Protection, そして脅威の可視化後に対応するThreat Responseから成ります。

ネットワンシステムズ株式会社

クラウド利活用の時代においてセキュリティや運用はどうあるべきか?エコシステムを重視する弊社では、様々なクラウドセキュリティサービスを提案しています。
展示ブースでは、"Palo Alto Networks"と"VeloCloud Networks"との連携による未来のSecure WANやコンテンツマネジメント市場を牽引する"Box"との連携によるクラウドセキュリティを紹介します。また、弊社ではお客様のセキュリティレベルをより強固にするネットワン独自のセキュリティ運用サービスを提供しておりますので、ぜひブースへお立ち寄りください。

株式会社ラック

Palo Alto Networks製品を中心としたJSOCによる24時間のセキュリティ監視・運用サービスを展示いたします。
「JSOC」(Japan Security Operation Center)は、ラックが運営する国内最高峰のセキュリティ監視・運用センターです。
17年以上の経験と実績を誇り、業界屈指のコンピュータセキュリティのプロフェッショナルであるアナリスト総勢100名以上が、24時間365日の体制でさまざまな脅威からお客様の大事な情報資産を守っています。